沿革

昭和電線電纜株式会社の歩み 中央精機株式会社の歩み
1936年(昭和11年) 昭和電線電纜株式会社を創設
1947年(昭和22年) 防振ゴム製造販売開始重電・家電用防振ゴム台納入
1948年(昭和23年) 防振ゴム台を発表
1950年(昭和25年) 日本放送協会(現NHK)、民間放送局が全国各地に開設に伴い大量の防振ゴム台を納入
1952年(昭和27年) 大阪産経ホール客席の防振に成功。次いで名鉄ホールで名古屋地下鉄の振動を遮断するため客席のフローティングに成功
1955年(昭和30年) 中央精機株式会社を創設
1957年(昭和32年) 「工作顕微鏡ツールスコープ」製作販売、1号機を納入
1959年(昭和34年) 米国バリー社と技術提携、ELショウマウント商品化
1960年(昭和35年) ELショウマウント1号製品を日本映画機器に納入
1963年(昭和38年) 特品販売課を設置
水上艦の雑音低減用として国産化参入
NHK放送センターに防振ゴム台を大量納入
貿易業務開始
1964年(昭和39年) NHK放送センターに建築用防振ゴム台「フレキシブルジョイント」など大量納入 日本光学測定機工業会会員となる
1965年(昭和40年) コイルスプリング式ユニット「スプリングショウマウント」を開発
国内初護衛艦用ハルダンピング材を納入
組立実験台(C.T.S)を試作、1号機を機械試験所に納入、「ステージユニット」の母体
「大型マッハツェンダー干渉計」を納入
1966年(昭和41年) 船舶を対象とした「水中防振ゴムの装備法の研究」委託を受注し、送受波器(ハイドロフォン)自体の防振としてショウダンプ、ハイドロフォン用防振ゴム台が採用された
1967年(昭和42年) 精密除振台「ニューマボード」を発表 埼玉県上尾市に新工場完成、「汎用ホログラフィ干渉計」を設計完成
1968年(昭和43年) 「ミクロホトメーターPPM」を納入 国内外初めての「ホログラフィ・カメラ」試作完成
1969年(昭和44年) 国産第一号機の空気ばねシステム(現在のサーボシステム)1号機を工業技術院機械試験所に納入 マザック、NC用位置決め顕微鏡契約納入
1970年(昭和45年) 光学工業技術研究組合に半導体製造用精密除振台1号機を納入 「フィラメント投影器」納入
1972年(昭和47年) 世界初超高圧電子顕微鏡500KV用除振台(80ton)を納入
1973年(昭和48年) 「オートマイクロメータ」を動燃に納入、核原料の遠隔測定を目的とする
第37回R11研究会(現在の医用画像情報学会)でミクロホトメーターの試作について公開発表
株式会社昭和サイエンスの歩み
1974年(昭和49年) 株式会社昭和サイエンス創設
除振台と光学機器部品の販売目的として設立
1975年(昭和50年) 輪転機の防振支持を実施
国内初6m×1.9m 72ton大型動的ホログラム除振システムを納入
1978年(昭和53年) 大型鍛造プレスの防振を大量受注
露光機用除振台を大量納入
1979年(昭和54年) 超LSI用除振台を納入
1980年(昭和55年) 減衰付加ハニカム定盤特殊水平除振機構付除振システム「サーボシステムOS」を発表
1981年(昭和56年) 極低温装置専用大型除振台納入
電子顕微鏡用ピット型除振台を納入
1982年(昭和57年) 三次元測定機用除振台を納入
1983年(昭和58年) デスク型除振台「ショウデスク」を発表
1984年(昭和59年) 小型卓上除振台「PB-3」を発表
1985年(昭和60年) 相模原工場に大型加振実験台を導入
小型卓上除振台「PBシリーズ゙4R」を発表
1986年(昭和61年) 国産初アクティブ除振台を納入
1987年(昭和62年) 精密除振台サーボシステムエコノミータイプ「ORE」を発表
1988年(昭和63年) 免震建物用除振台を出荷
LSI製造用国産第一号機空圧アクティブ除振台「VIP」を納入
つくば地区 工業技術院などに大型除振台を大量納入
1989年(平成元年) STM用アクティブ除振台を納入
超高圧電子顕微鏡用除振台300tonを納入 以後2009年までに計9台納入
精密除振台サーボデスク「ND」を発表
1996年(平成8年) 衛星間光通信機器用除振台100tonを納入
1998年(平成10年) 昭和電線電纜から精密除振台に関する業務移管 相模原工場を設置
空圧アクティブ除振台納入100台突破!
ピット型リニアアクティブ除振台を納入
2001年(平成13年) 高性能アクティブ除振台の開発に着手
八王子工場創業開始
2002年(平成14年) 空圧アクティブユニットのステージフィードフォワード、フロアフィードフォワードの開発に成功
2003年(平成15年) 空圧アクティブユニットVAAV-Aを発表
2004年(平成16年) 空圧アクティブユニットVAAV-Lを発表
2005年(平成17年) 拡張の為、八王子工場を橋本工場に移転
2006年(平成18年) 空圧アクティブユニットVAAV-Hを発表
ソリ測定機1号機を納入 以後2010年までに計9台納入
2007年(平成19年) ガラス板厚測定機を納入 以後2011年までに計6台を納入
2008年(平成20年) 設備増強により橋本工場から相模原工場に移転
2009年(平成21年) 精密除振台サーボデスク「ID」を発表
2011年(平成23年) リニアアクティブユニットVAAV-Eを発表
2012年(平成24年) 小型卓上除振台「ST-Xシリーズ」を発表
2013年(平成25年) 東京本社を千代田区神田から品川区東大井に移転
大阪営業所を北区曽根崎から西区新町に移転
2014年(平成26年) 超高圧電子顕微鏡用除振台300tonを2台納入

ページ先頭へ戻る